金魚妻あらすじネタバレ【黒澤R不倫シリーズ短編集】

黒澤Rの不倫まんが!詳しいあらすじネタバレ公開中♪

セブンティウイザン 感動して泣ける作品です 第5話

A0100020952261.jpg

 

「セブンティウイザン」を試し読みするならこちら   

 

 

 

 

70才で初めての妊娠をする女性とその夫を題材にした漫画「セブンティウイザン~70歳の初産~」は、静かに流れるストーリーが心地よく胸に届く作品です。

 

 

 

 

私が最も好きな回は、第5話の二人が以前飼っていた犬を思い出すストーリです。

 

 

 

 

大きくなったお腹を抱えながら、産まれてくる赤ちゃんのためにと倉庫の荷物の整理をする70才の妻。

 

 

 

 

そこに定年退職を迎えたばかりの夫が心配してやって来ます。

 

 

 

 

二人は片付けをしながら、半年前に亡くなった愛犬のおもちゃなどを発見して、大好きな愛犬を思い出すのです。

 

 

 

 

子どもがいなかった夫婦はホームセンターで可愛らしい犬を発見します。

 

 

 

 

その時は飼うことを諦めたのですが、妻はそれから心ここにあらずという感じで、夫に内緒でホームセンターへ何度もその犬を見に行っていたのです。

 

 

 

 

諦めきれずに飼う決意をした妻でしたが、もうそこにはお気に入りの犬はいませんでした。

 

 

 

 

ガックリとして帰宅すると、目の前にその犬が飛び出してきたのです。

 

 

 

 

夫が妻のために飼うことを決意した素敵な瞬間です。

 

 

 

 

その後も二人は子どもを育てるように愛犬に愛情をたっぷり与えますが、人間よりも長くは生きないその犬も二人に見守られながら息を引き取るのです。

 

 

 

 

子どもがいなかった二人にとってどれだけ苦しいことなのか、派手な演出がない分リアリティがあり、胸が熱くなりました。

 

 

 

 

それから半年後に本当の子どもを授かった二人。

 

 

 

 

お腹の子どもは愛犬の生まれ変わりなのかと思わせるような演出に涙が止まりませんでした。

 

 

 

 

70才のお母さんなんて想像できないけれど、二人ならどの親にも負けないくらい産まれてくる子どもを愛してくれる、そう感じてしまう素晴らしい回でした。

 

 

 

 

 

「セブンティウイザン」を試し読みするならこちら